フランス語

[音声付き] フランス語講座12:フランス語のアルファベット26個の発音

フランス語のアルファベット(Alphabet)

 1日3分から5分、スキマ時間で読めるフランス語講座、第12回。

 今回はフランス語のアルファベットの発音について解説です。

 フランス語の26個のアルファべ (Alphabet:フランス語でアルファベットのこと。最後の t は発音しない。)の綴りと発音は以下のとうりです。

 ↓下のMP3のファイルを聴きながら、音声に従って一文字ずつ発音してみてください。

表記発音
A / aアー
B / bベー
C / cセー
D / dデー
E / eウー
F / fエフ
G / gジェー
H / hアッシュ
I / iイー
J / jジー
K / kカー
L / lエル
M / mエンム
N / nエンヌ
O / oオー
P / pぺー
Q / qキュー
R / rエーㇷ
S / sエス
T / tテー
U / uユー
V / vヴェー
W / wドゥーブルヴェー
X / xイクス
Y / yイグレック
Z / zゼッド

 一つ一つのアルファべの発音を理解できると、初めて見た単語の読み方もアルファべの発音を繋げることで大まかにわかるようになってきます。

 なお、フランス語には、à, é, è, ê, ë, ç, î, ù など、英語には存在しない特殊文字が存在しますがその解説は次回にさせていただきます。

単語を発音する際の発音の注意点

 フランス語の会話において、アルファベットの発音の中でを強調しないといけない点が二つあります。

 1. B V の発音の違い

   B は普通に発音してかまわないのですが、V は下唇の上に上あごの歯載せててから下唇を突き出すように発音します。

 bijou [ビジュー] [男] 宝石、装身具

 voiture [ヴォワチューㇷ] [女] 車

 ↑のMP3のファイルから、上記の2語を聴き比べてみてください。

 各々の頭文字で、b の方ははっきりと聞こえ、v の方はやや濁って聞こえることにお気づきでしょうか。これは後者の方は下唇とその上に載せている上あごの歯と下唇が離れるときに発せられる音です。

 2. Rの発音

   R の発音を「エーㇷ」と表記してますが、「エ」を伸ばした後で喉の奥でうがいをするときのように「ゴロゴロ鳴らしながら」喉の奥で弱く「ㇷ」を発音するというイメージだとお考え下さい。

 parle [パーㇷル] [動] 話す

↑のMP3のファイルから、動詞 parle の発音をよく聴いてみてください。

 pale の間に喉をゴロゴロと鳴らして震わせたような音があるのが聞き取れましたでしょうか。そのゴロゴロと喉を震わせるような音が r の発音です。

 R を単独で正しく発音できるようになると、単語の中にあっても正しく発音できるようになります。

実際にフランス生活でアルファベットを発音する例

 実際フランスで生活すると、語学学校に登録したりその他役所で書類に記入する際、または電話で自分の名前の綴りを尋ねられることが頻繁に起こります。

 相手が自分の名前の綴りをアルファベットで一字ずつ聞いてくる尋ね方と、それに対する答え方を知っておくと役に立ちます。

 実際にフランスの生活で尋ねられるような例を以下に挙げておきます。

 実際の例

↓下のMP3のファイルから質問の例文をお聞きください。

 Monsieur, comment ça s’écrit votre prénom?

 [ムッシュー、コモン サ セクリ ヴォートル プレノム]

 あなたの名前はどのように書きますか?

↓下のMP3のファイルから解答の例文をお聞きください。

Mon prénom est Maurice. ça s’écrit M comme Machine, a comme ange, u comme usine, r comme répétition, i comme idée, c comme confiture, e comme étoile.

 [モン ノム エ モーリス、サ セクリ エム コンム マシーンヌ、アー コンム アンジュ、ユー コンム ユージンヌ、セー コンム コンフィチューㇷ エー コンム エトワール]

 私の名はモーリスです。綴りは M はマシーン(機械)の頭文字の M、a はアンジュ(天使)の au はユージンヌ(工場)の ur はレぺティスィオン(練習)の r、i はイデー(アイデア)の i、c はコンフィチューㇷ(ジャム)の Ce はエトワール(星)の e です。

 すべての青アルファべを順番につないでいくと、Maurice という名前の綴りになる、という説明をしているわけです。

Vocabulaire

nom [ノム] [男] 苗字

prénom [プレノム] [男] 名前

注:相手は外国人の名前をどのように書くかわからない

 たくさんの移民やその子孫たちが暮らしているフランスでは、他の国から来た人の名前を聞いただけでは綴りが想像できません。よって、フランス語の単語を頭文字を使って自分性名の綴り伝える必要があるのです。

今回のポイントと宿題

 アルファべの発音はすべての基本になります。

 このアルファべに対して特殊文字の母音の発音も存在しますが、土台となるこのアルファべの発音をしっかり身に着けてておけば、後は変化のパターンを覚えるだけです。

 何度も発音して身に着けていきましょう。

今回のポイントと宿題

・フランス語の アルファべ(Alphabet) は基本が26種類。その他アクセントが付いた者が存在する

B V の発音の仕方の違いを意識する

R の発音はうがいをするように発音すればできる

・あなたの名前(姓名)を下記の例のようにアルファべで一字ずつ発音してみてください

 例:YAMADAさん

   Y [イグレック], A [アー], M [エンム], A [アー], D [デー], A [アー] 

  2024年には首都パリでオリンピックが開催されるフランスに旅行に行き、現地の人との会話にチャレンジしてみる、フランス文学を読む、映画を楽しむ、もしくは将来的に留学する。今なら日本在住のフランス人と話す機会もあります。フランス語が通じれば、勉強するモチベーションも上がります。外国語を話せることは、楽しいことです。

それではまた次回にお会いしましょう。

Au revoir.

À bientôt.

À la prochaine.

 ↓今回のフランス語講座がお役に立てたようでしたら、下のバナーをクリックしていただけますよう宜しくお願いします。

にほんブログ村 外国語ブログへ
にほんブログ村


【人生を好転させましょう】

モーリス

ABOUT ME
Maurice1974
20代で渡仏、40代前半に帰国。2021年、経済的自由獲得を目指して投資の勉強と副業としてブログを始める。 2019年、DELF B1(仏検2級相当)取得。現在TOEIC Listening&Reading勉強中。 目標は”自分の天職探し”。 フランス語、スランスの生活、自身の目標を追いながら役立った情報をお伝えします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。